着物帯の種類と合わせ方のポイントをおさえて正しい着こなし!

着物の帯にはいくつか種類があり、大きく分けて3種類あります。それぞれに特徴があり、合わせ方や用いることの出来る場も異なります。また、着物との格を合わせないとちぐはぐした印象になり、せっかくの着物姿も魅力が半減してしまいます。ポイントをおさえた正しい着こなしでお洒落を楽しみましょう。 まずは半幅帯ですが、名前のとおり幅が半分のものになります。結ぶのが簡単で結び方の種類も豊富なため人気がありますが、お洒落用で礼装には使えません。浴衣やウール地、木綿などの普段着と合わせてください。 名古屋帯は九寸名古屋帯ともいい、一重太鼓に結ぶのが一般的で、お洒落用として用いられますが、金糸銀糸や箔を使ったフォーマル感のあるものは、小紋や色無地と合わせて略礼装に使うことが出来ます。 袋帯は長さが一丈一尺以上あり、主に二重太鼓に結び、お洒落用から礼装まで幅広く使うことができます。留袖には金糸銀糸を使ったお目出度い模様のものを合わせると良いでしょう。